Earthcolor Wedding アースカラーウエディング

Earthcolor Wedding アースカラーウエディング

アウトドアウエディング,フェスウエディング,セルフプロデュース結婚式,オリジナルウエディング,手作り結婚式,コンセプトウエディングをする人のためのブログ

結婚式でサプライズ演出♡ 個人が花火師を呼んで打ち上げ花火する方法

お久しぶりです!カオリです^^

 

プランナーなしの 完全手作り結婚式 レポ。

今日のテーマは...

 

サプライズ演出

「打ち上げ花火  ⁓⁂ 」 

 

 

終了後、とにかく質問が多かった!

 

「アレ高かったんじゃない!?いくらだったの?」

 

って、 しかもなぜか男性からばかり。

 

みんな プロポーズで 花火でも打ち上げようと思ってるの?(*´꒳`*)

 

花火=高額演出?と思われがちですが、

実際にやってみると 意外と一般人でも手の届く範囲内だったので、早速レポしたいと思います^^

 

 

 1.結婚式での花火演出とは

打ち上げ花火といえば 夏の風物詩ですが、花火大会や夏祭り、カウントダウンでしか見たことがないよ?という方が多いのではないでしょうか?

 

たしかに、打ち上げ花火はプロでないと取扱できないものですし、個人で業者手配するには割と決心が必要ですよね (笑)

 

つまりは

一般人が自分のために花火を打ち上げるチャンスなんて、一生のうちでも 結婚式くらい だと思います。

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1-① わたしたちの場合 

 

私たちの結婚式は明るい時間から始まり、

会が終わる19時頃には 辺りは真っ暗でした。

 

新郎の締めの挨拶の後、

日帰り組▶チャーターバスへ向かってもらうため、

キャンプ組▶BBQエリアに向かってもらうため、

2人でお見送りしつつ ゲストを全員屋外へ誘導

 

全員が出たタイミングで、

「皆さん今日は本当にありがとうございました~!」

 

ひゅ~・・・・どかーん!!!

 

f:id:kaimon315:20170407013621j:plain

☝実際に私たちの結婚式であげた花火のひとつです

 

 

いきなりの花火 打ち上げ!! 

 

両親もゲストもびっくり( ゚Д゚)!!!!

まだあったの~!?と。

 

 

もうわたし 嬉しくてたまらなくて☺

花火と半々ぐらいで みんなの驚く顔をずっと見てました(笑)

 

f:id:kaimon315:20170407013751j:plain

☝ 状況把握すると 目にも留まらぬ速さで カメラを構えるスマホ世代。笑

 

 

この日は 10月9日。

鹿児島は暖かいので、秋というよりは 夏の終わり。

 

「今年花火大会行けなかったから、これが初花火^^」とか

「みんなで今年の夏を締められた気分♪」とか

ゲストから嬉しい言葉をもらえて嬉しかったです。

 

----------------------------

1-② 他のパターン

 

私たちは山奥の小学校跡地を会場に選んだので 敷地内に設置しましたが、会場によってはこんなパターンができるかもしれません。

 

  1. 屋内 (披露宴会場の室内で、背丈より少し高めに上がる花火)
  2. プール脇(波がないので水面に映ると綺麗)
  3. 別の場所から(会場から見える海からとか)

 

タイミングも、登場シーン・誓いのキス・人前式の承認のタイミングなど、いろいろ考えられますよね^^

 

とにかくゲストをびっくりさせたいとか、

人と違った演出がしたいとか考えている

変わり者の新郎新婦にはもってこいです (笑)

 

個人でも、そんなにお金持ちじゃなくても、大丈夫です。

 


2.花火師の探し方

 

ラストに花火を打ち上げて締めよう!と決めたものの、すぐ疑問が出ますよね。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

打ち上げ花火って

誰に どんな風に お願いしたらいいの( ゚ ゚)?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

そう、コレです。

 

周りに「打ち上げ花火の手配をした経験」のある方なんてそうそう居ませんから(笑)、私たちもどうやって実現していいのか分かりませんでした。

 

 

ということで、まずはネットで調べる。。。

 

花火師ネット』という、まさにそういう窓口探してました〜!!的なサイトがあったのですが、「現在、申込・お問合せ・紹介を休止中」宣言されており、使えず(´;ω;`) なんだか運営されていない様子...

 

それでも 以下の事が分かったので進歩。

 

① 個人でも頼める

② 全国どこでも呼べる

③ 所轄消防署への申請・許可が必要

④ 予算は10万〜(人件費や交通費もかかる)

⑤ 開催日1か月前迄に申込要

 

 

もうこれは 県内の花火師さんに電話しまくって 直接アポ取るしかない!!と思い、以下の流れで花火師探し。

 

当時の自分の行動力バンザイ\(^o^)/

 

 

「鹿児島 花火師」で検索

→ある若手花火師さんのインタビュー記事を発見

→その方の名前でFacebook検索

→勤め先欄で花火会社判明

→会社のオフィシャルHP検索

 

 

なんと 私たちの会場近くに打ち上げ花火の会社があったのです(*゚▽゚*)

 

とんでもないご縁にドキドキしながら調べを進めると、鹿児島で1番大きな花火大会の打ち上げも手掛けていることが判明!

 

もうこの会社にお願いするしかない!(鼻息荒め)

 

プランナーがいないことや、

現場は 山の中で木造校舎や草木に囲まれていること

予算はあまり無いこと・・・

 

不安要素は有り余るほどあるけど、

相手はプロなんだから

とりあえず頼ってみよう!

 

ということで早速メールし、電話。

 

こんな流れで、最高の花火師さんに出会えました。

 

 

 

要は「会場の地域名+花火師で検索です。

 

出てこない場合は「会場に近い場所で行われている花火大会の開催情報に花火師や会社の名前がないか調べる」

 

それでもダメならその花火大会の実行委員会に問い合わせしてどこの花火師さんにお願いしているのか聞く

 

これで見つかると思います^^

 

 

3.理解しておくべき注意ポイント

 

こうして無事引き受けてもらえることになった 打ち上げ花火。

心からオススメしたいのですが、注意ポイントがあります。

 

それは「夏は花火師さんにとって繁忙期」だということです。

 

私が問い合わせた会社も、8月末までは100件以上 (だったかな?とにかくすごい数) の案件があり、その期間はフル稼働で本当に必死なので、正直連絡を取るのも難しいと言われました。やんわり ふんわりね 笑

 

プランナーなしの式で、当日はあまり対応できないのが目に見えていたので、事前に色々詰めておきたかったのですが、10/9が本番なら、9月に入ってからの打ち合わせ・各所への申請 でも十分間に合う ということだったので、了承。

 

最後に「繁忙期が終わる 8月最終日曜日が終わると放心状態で、ご連絡するのを忘れてしまうかもしれないので、申し訳ないがもう一度その頃お客様の方から連絡をもらいたい」と言われた時には「大丈夫かな~^ ^;」と正直不安になりました(笑)

 ※実際はしっかり覚えててくださいました

 

 

ということで、私の経験からのアドバイス

 

まずは▶︎夏婚の皆様

難しいかもしれません。特に土日は厳しいかも(´;ω;`) スケジュールを空けてもらえるよう とにかく頑張って熱意を伝えてみてください。

 

そして▶︎私のように十分間に合うと言われた方 

安心しないでください。

式の1か月前からは自分も最後の詰めですごく忙しいです。

(ヘアやネイル、まつエクにエステ、脱毛など 前倒しでは出来ないこともいっぱい)

 

 

おまけに各所への申請には時間がかかります

 

会場の管理人所有者が違う場合は特に要注意!!

私達はまさにこのパターンで、会場の所有者は「密に連絡を取っていた管理人さん」ではなく「南九州市」。

市の持ち物である以上、まずは市の許可をもらってから消防署に申請、という順序になるわけです。

役所ですから、当然土日は全く動きませんし、結婚式だからといって優先してくれるわけでもありません。

 

悶々と数日待って返って来たのは「可。ただし◯m以上の打ち上げは不可」(←すみません、ショック過ぎて高さ詳細覚えてません)

 

花火師さんから「ナイアガラの滝」への変更を提案されたものの、本番まですでに1週間を切っている状況でのこの事実が受け入れられずに言葉が出てこない…

 

なぜなら頭の中には 何度も2人でシュミレーションし続けた ド派手なラストシーンがあるから。

 

 

最初にお願いした数ヶ月前の段階で、申請だけでもしてくれてたらよかったのに。そうしたらもっと早く 出来ないことが判明したし、打ち上げ出来ないなら花火以外の案を考えたのに~  と、一瞬 黒い感情がウズウズしましたが、その後こちらの心情に寄り添って、やれる中で精いっぱい盛り上げようと誠実に対応してくださったので、あとは すべてをお任せ。

 

結局、度々電話ではお話ししたものの、初めてお会いしたのは当日でした(笑)

 

 

結果的に、規制範囲内でも 目の前での打ち上げなのですごい迫力だったのと、花火師さんが勧めてくれた「ナイアガラの滝」が思いのほか長い時間楽しめたのですごく満足感がありました^^

打ち上げだけだと予算的に数が少なくなるから短かったかも!

やっぱりプロだなーと感じました。

 

花火師さん方には心から感謝しています。

 

 

4.実際のスケジュール

5/27 最初のアポ取り

9/1 依頼があった通り8月迄は連絡せず、9月にリマインドTEL

9/? 花火師から市へ許可申請

10/3 市役所より、規模の制限あるも 許可が下りる

10/3 花火師から 当日予定している花火内容がメールで送られてくる

10/4 花火師より消防署へ申請

10/9 結婚式当日 19時前打ち上げ

 (ゲストが屋内にいる時間帯に花火設置

後日 振込支払い

 

 f:id:kaimon315:20170407013903j:plain

 ☝ ナイアガラの滝を設置している様子

 

5.予算

  学生の頃は、花火を見ているようで頭の中は隣にいる彼や彼女のことでいっぱい…♡だった人も、大人になるにつれて、つい「あの花火、1発いくらなんだろう…」なんて考えてしまうようになるものですよね〜笑

 

花火大会であがる 尺玉は、1つで何十万円もするお高いものですが、小さいものなら 意外と手が出せるお値段です。

 

具体的には 単価2000〜5000円ほど。

 

なんだか勇気が出てきませんか?笑

 

+人件費(ちなみに今回は2人でした)

+車両運搬費

工場と会場が近いこともあって色々ディスカウントもしていただき

 

今回の費用はズバリ… 込みこみで10万円!

 

予算に合わせて内容を組んで頂けますが、

交渉した感じでは、やっぱり10万円が底値のように感じました。

 

なので頑張るとしたら、

10万円でどれだけ量を増やしてもらえるか!

どれだけ華やかなものにしてもらえるか、でしょうか^^

 

6.花火ムービー

それでは、実際の内容をムービーで。

※定点カメラがなかったので、サプライズに気づいた友人が途中から撮ってくれたものです。よって最初の部分が切れています。すみません^^;

 

でも臨場感があり、なんとなく雰囲気は分かると思うので是非ご覧ください^^

 

 


結婚式で打ち上げ花火サプライズ♡ プランナーなしの手作りウェディング

 

 

1泊2日のキャンプウェディング…

みんなで大量の手持ち花火〜^^でも 楽しかったとは思います。

 

でも それは、いつでも誰でも簡単に出来ます。

 

今日しか出来ない事がしたい。

結婚式だからこそ思い切って出来るサプライズを仕掛けたい!

 

ということで…割と初期段階で決定した演出でしたが、

インパクトに残る幸せな瞬間になりました。

 

人と変わったことがしたい方、ぜひご検討ください^^

 

 

 

wedding-fes.hatenablog.com

 

【前編】手作り結婚式 アウトドアウエディングの準備のスケジュール

セルフプロデュースで結婚式をすると決めてから、

どのくらいの期間で本番を迎えることができるのか?

f:id:kaimon315:20170409001400j:plain

 

アウトドアウエディングをする!と決めたものの、いつから準備を始めなければならないか分からないという人は多いと思います。

僕たちも手探りで準備を始めて、なんとか本番に間に合ったという感じでした。

 

アウトドアウエディングを行うアナタが、準備を本番に間に合わせることができるように僕たちの準備のスケジュールについてお話します。

 

 

ぼくたちの準備期間

ズバリ!僕たちの、「オールセルフプロデュースかつアウトドアウエディング」の準備期間は、5カ月間です!

長くも短くも感じる微妙な期間だと思いますが、完全に手探りで準備を進めた僕たちにとっては、すごく忙しく充実した期間でした。どの程度「セルフ」の部分を増やすかで時間とコストも変わってきますので、4〜6ヵ月間を準備期間と考えるとよいのではないでしょうか。

 

それでは、

どのようなスケジュール感で、『 決意 → 準備 → 本番 』となったのか大公開!!

過去から本番まで簡単に当時を振り返りながら遡っていきます。

 

 

 

◎だいぶ昔(結婚式まで209日)

自分が普通の結婚式をすることはないだろうなと漠然と思っていました。

crazy weddingのHPとか見てフェスウエディングができたらいいなと思っていましたが、憧れに近い感じ。

 

 

◎3月15日(結婚式まで125日)

カオリと入籍。

(実は「サイコーの日」という語呂だけで入籍日を決めました。笑)

僕たちは「結婚式」よりも「入籍」が先でした。

f:id:kaimon315:20170618002936j:plain

 

 

◎4月24日(結婚式まで169日)

そろそろ結婚式について考えるか!ということで家の近所の結婚式場のフェアに行きました。

実は、結婚式に関して僕は何も考えていなくて、

「夏が近づく!フェスのシーズンが来るうううう!」とフェスのことばかり考えておりました。。。

イマイチやる気の無かった僕ですが、

カオリに、「美味しいフルコースがタダで食べられるよ!」(結婚式のコース料理の試食)と誘われて、惹かれてしまい、、行きました。(笑)

結婚式場の下見に行くと、プランナー・スタッフの方々に最高におもてなし頂きます。美味しいコース料理を食べ、会場を見せて頂き、様々な演出について話を聞かせてもらい、、、

この結婚式場で式を挙げたカップルの感動話を聞いているうちに、

カオリや両家の家族もこの会場で結婚式できれば幸せだろうなと感じてきます。

 

だが、しかし。

 

「普通の結婚式でいいのか?」と自問自答して落ち着かない俺。

プランナーさんに「1週間以内にここに式場を決めてくれたら特別に120万円値引きしますよ!」とも言われ、本気で悩みましたが、断りの電話を入れました。

本気で悩んだなあ。

 

 

◎4月27日(結婚式まで166日)

結婚式場見学に行った日から3日後、結婚式場に断りの電話を入れたときに、

『アウトドアウエディングの開催が決定しました。』

f:id:kaimon315:20170507163833j:plain

 

 

◎5月半ば(結婚式まで150日)

とりあえずアウトドアウエディングをすると決めたものの何から始めたらいいのか全く分かりません。イベントをオーガナイズしている人でもない限り、何をすればよいのか分からなくなると思います。

僕は、カオリと結婚式に関して考えていることを話し合って感覚を近づけていました。ただ、びっくりするほど考え方はバラバラでした。(笑)

 

 

◎5月後半(結婚式まで140日)

会場を押さえました。市が所有する山奥にある廃校の小学校。

管理人さんは、別のキャンプ場と一緒に管理している人で、その方に電話して。

会場選びはものすごく重要です。会場についてもまた記事更新しますね。

 

『かわなべ森の学校』

f:id:kaimon315:20170408090531j:plain

かわなべ森の学校 on Strikingly

「廃校の小学校」というワードだと怖そうに感じるかもしれませんが、ゆったりした夏フェスの会場にもなる緑のきれいな素敵な場所です。

 

会場を押さえて結婚式の日取りが決まったので、招待者リストを作ってLINEで連絡しまくりました。日程だけは押さえてもらわないと!というこで。

オールナイトのキャンプ形式での開催に加えて、場所は鹿児島の山奥。

3連休の中日の開催でしたが、移動も考えると、3連休の3日間全部僕たちの為に欲しかったんです。

 

会場は準備や片付けも考えて4日間押さえました。

意識していませんでしたが、開催日の10月9日は、大安かつ10年連続で雨が降っていないという日でした!(当日は、雨もちょっと降りましたが、、、泣)

 

 

◎6月10日〜6月後半(結婚式まで125日)

場所を押さえたものの、さすがに僕とカオリだけで全てを準備するのは難しいと思い、フリーのウエディングプランナーさんのもとに相談に行きました。

せっかく相談に行くということで、企画やコンテンツなどはしっかりカオリと話し合いをしてから。

プランナーさんは、アウトドアウエディングを手掛けた経験もある、熱心かつ丁寧ですごく信頼のできる方でした。このときその方が手掛けたアウトドアウエディングの式の構成も例として教えて頂きました。

 

いろいろな話をプランナーさんとできた僕たちはあることを思いました。

 

 

「これ、自分たちで全部できるな。(゚∀゚) 」

 

むしろ僕たちの拘りが強過ぎて、プランニングをしてもらう必要はもうないな、と。

しかし、結婚式当日は、主役の僕たちは動けないので、当日の運営はお願いしたい。

 

再度、プランナーさんのもとをお訪ねして、僕たちが考えていることを話し、当日の運営をお願いできないかとお願いしました。

当初提示の金額よりもかなり安い金額で。(僕たちはあまり予算が無かったので、こういうところも必死です。)

 

 

 

 

断られました。。。

 

 

こうして、セルフプロデュースでアウトドアウエディングを作ることが決まりました。

 

一緒に結婚式を作ることにはなりませんでしたが、このときのプランナーさんは本当に良い方で、この後も僕たちを気にして下さり、ちょくちょく連絡を取り合いました。

 

 

◎6月27日(結婚式まで105日)

図らずもセルフプロデュースが決定したので、結婚式で必要となるであろう各業者に連絡をしてみます。

 

《連絡をした業者》

・レストラン(婚礼料理をケータリングできる業者)

・司会者(有名な方にFacebookからアプローチ)

花火師(WEBで検索してTEL)

・バス会社(3便チャーターするので見積りを依頼)

・出張BBQ会社(鹿児島の山奥だけど可能かどうか含めて)

 

 

◎6月中(結婚式まで100日)

上記のことと並行して、

(1)コンセプトを考えていました。

 

wedding-fes.hatenablog.com

 

(2)予算について計算していました。

ゲストから頂くご祝儀の金額を決めて、

ネットで相場を調べて、エクセルに落とし込んで。

何度も計算して作り込んだので、結婚式が終わってみて確認すると、金額の誤差は数万円のみ。予算をしっかり作り込むことで、各業者との金額交渉も目線を持って行えますし、全体を展望しながらのプロデュースができます。

 

 

 

◎7月前半(結婚式まで96日)

【音響】

DJの友人のつてを頼り、音響担当が決まります。

婚礼の音響経験豊富な凄腕DJさんです。

何もない場所に機材を持ち込んで音響を準備するので、重要なところはプロにお願いします。

 

【料理】

この時期に、大変だったのは、「料理」

アウトドアウエディングで「料理もこだわりたい!」という方は、料理は苦戦するポイントかもしれません。

・レストラン①

実際に食事をして、担当の方に付いて頂いて打合せし、ほぼ決定するも、

突然電話がかかってきて、会社の方針を理由に断られる。

(会社の方針決めてから、打合せしてほしかった、、、笑)

・レストラン② TEL打診 → 断られる

・レストラン③ TEL打診 → 断られる

・出張料理人 ものすごく良かったのですが、鹿児島にそんな人はおらず東京の人。打合せ等が難しいので、迷った末にお断り。。

 

【招待状作成】

普通の招待状にはしたくなかったので、『招待BOX』の準備を。

f:id:kaimon315:20170618002654j:plain

デザインはデザイナーの友人にお願い。

詳細は別記事で書きます。

合わせて、ウエディングWEBサイトを作成していました。

 

wedding-fes.hatenablog.com

 

 

◎7月27日(結婚式まで77日)

なんとか『招待状BOX』と『ウエディングWEBサイト』を完成させて、みんなに発送。

招待状からWEBに飛んでもらって、出欠登録をしてもらいました。

実際のところ、出欠の確認はLINEで出来ているのですが、

僕たちの結婚式は、 いくつかのコースに分かれていたので、その登録等を。

(1)日帰りコース(一次会の花火まで)

(2)朝帰りコース(夜のDJパーティ→キャンプまで)

(3)温泉ツアーまでコミコミコース(翌昼までの温泉ツアーまでのフルコース)

 

ご参考に

wedding-fes.hatenablog.com

 

あとは、当日会場までは僕たちでチャーターするバスで来るか、マイカーで来るか?

食事のアレルギーあるか?その他要望?僕たちへ一言メッセージなど。

 

 

加えて、結婚式前撮りも兼ねて、鹿児島の離島の与論島に旅行にも行きました。

ここでは、ウェディングフォトを、三脚&セルフタイマー&ダッシュで、完全セルフ前撮り!帰ってからは撮った写真を編集して製本し、前撮り写真集としました。

f:id:kaimon315:20170409004603j:plain

 

Nikon リモコン ML-L3

Nikon リモコン ML-L3

 

 

 

 

 

 

 

◉8月からは、さらに準備が進んでいきますが、、、、

 

後編に続く!!

wedding-fes.hatenablog.com

 

 

 

 

 

【番外編】実際にやってみた『 結婚式二次会の幹事 』景品・コンテンツのおすすめ

ご無沙汰しておりました。ヨシキです。

 

最近は、友人の結婚式二次会のプロディース(幹事)をしていました。

友人の二次会は「何もこだわりはないから気にせずにやって!」と託され、

「自由にやっちゃっていいのか!」とはじめは思ったんですが、、、

なかなかキツイ!!

 

僕たちの結婚式のようにコンセプト強い式に、

関わる方々はこだわり強すぎて大変でしょうが、

こだわりが無いのは無いで大変。

実際に関わってみて気づきました。

 

今回は、

実際に幹事をしてみたので、

結婚式二次会プロデュースについて書いてみます。

(本編から脱線しますが、、、)

 

 

 

 

 二次会の幹事になりました。

結婚式本番4ヵ月前のある日、

 

新郎「結婚式の二次会の幹事やってくれない?」

ヨシキ「おー!いいよ!」

f:id:kaimon315:20170401211151p:plain

ふたつ返事でOKしました。

この後、ちょっと不安になったのでもうひとり友だちを指定して幹事仲間を増やしました。

ついでに余興担当も引き受けました。(笑)←これが大変だった。。

 

幹事チーム顔合わせ 

だいぶ前もってお願いしてもらいましたが、特に何も準備することなく1ヵ月半前になり、新郎サイド2名、新婦サイド2名、合計4名が幹事となり顔合わせ。

ちなみに幹事メンバーは、全員二次会幹事は初めてです。

 

会場を下見して、打合せ。

主役の要望

まずは主役ふたりの要望を聞きます。

 

ヨシキ「二次会って何かコンセプトとかある?」

主役「うーん、ないかな。笑」

 

ヨシキ「そっか。じゃあ『これはやりたい!』ってことはある?」

主役「ある!!」

 

ヨシキ「おー!なになに??」

主役「スコップとかでケーキ食べさせ合うやつ!!他は無いから好きにやってくれていいよ!!」

 

 

 

 

 

 

むむむむむむ!

 

 

スコップケーキバイト以外はお任せ!?

 

幹事メンバーで会議

ちょっとやばいかもなと感じつつ幹事メンバーで会議。

 

話し合いで共有されたことは、

・ふたりの大切な日だから台無しにはできない

・主役のふたりには楽しんで欲しい

・なにか面白いこともしたい

・参加費等のお金の管理とか大変だよね

・みんな忙しいので予定はなかなか合わない

などなど

大体の二次会幹事の最初の打合せってこんな感じになるんじゃないのかな?と。

 

あとは、どんな内容にするかざっくりと話し合って解散しました。

 

それから、一度平日の仕事終わりに居酒屋で集合したものの、特に何も話し合うことなくお酒を飲んで解散

 

本番まで2週間程度となってさすがに焦り、

自分の結婚式をセルフプロデュースして経験した基本に立ち返ります。

 

 

 

結婚式二次会のつくりかた

 

①『タイムテーブル』を作る。

まずは、当日の流れをイメージして、簡単にタイムテーブルを作りましょう。

 

理由としては、

・準備すべきことが明確になる

・問題点に気付く

・当日のイメージしやすくなる

・役割分担が明確になる

 

f:id:kaimon315:20170401232158p:plain

 

作ってみると、

誰に何をお願いするかといったことや、

コンテンツで何にどれくらい時間を使えるか、

何を購入して準備しておく必要があるかなど明確になります。

 

★ ちなみに僕たちは、

Googleスプレッドシート』を使用しました。

エクセルはみんな持っているとは限りませんが、 Googleスプレッドシートならネットに繋がっていればみんな使えますし、共有されたメンバー同士で好きに編集することが可能です。オススメ!!

www.google.com

 

 

 

②必要なものは早めに買う!

ビンゴの景品、演出に使うものなど買わなければならないものは必ず有ります。

直前で買うと配送が間に合うか心配ですし、会場に事前に持ち込みできれば安心です。ネット購入は間に合わずに百貨店を走り回ることがないように早めに購入しておくことを強くおすすめします。楽天とかAmazonとかで買うほうが絶対に安いですし。

 

景品リスト

僕たちが準備したリストはこちら!

ビンゴの景品はほぼネットで購入して安く仕入れています。

 

f:id:kaimon315:20170401233902p:plain

 

定番の「ディズニーペアチケット」から、話題の「東京タラレバ娘」の全巻セット、

さらには、

『ペンとパイナップルとアップルとペン』

 

 

そう!PPAP!! 

ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)

ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)

  • ピコ太郎
  • ダンス
  • ¥150

 

 

 

 

引き当てた人には、音楽に合わせて踊ってもらいめちゃめちゃ盛り上がりました。(笑)

※ ペンはParkerなのでハズレにはならないように。。。

パーカー ボールペン 油性 IM ラックブラックGT S1142332 正規輸入品

 

ホームシアターセットとかホットプレートとかスピーカーは定価よりかなり安く買えたので、やはり絶対にネットで買うべき!!

 

 

 

 

 

他にビンゴ景品で採用されなかったものはこんなものですね。

ご参考になれば

f:id:kaimon315:20170401235357p:plain

 

必要なもの

他には、コンテンツで必要なものも忘れずに購入しましょう。

僕たちが他に準備したのは、

・音源

・入場者用リストバンド

サイリウム(演出用)

ルミカライト 大閃光アーク 25本入り オレンジ

・チェキセット(カメラ・フィルム・アルバムなど)

 フジフィルム チェキ インスタントカメラ instax mini8プラス バニラ 【チェキカメラ 本体 かめら カメラ かわいい みに8プラス fujifilm 思い出 写真 自撮り 撮影 セルフィー F7064-02】

 チェキフイルム instax mini インスタックスミニ 2P×5 計100枚セット

 プリマージュ ウェディング用ミニフォトアルバム(チェキ用のアルバム) 160ポケット

 

 

 

タイムテーブルで当日の流れをイメージすると必要なものは、

だいたい見えてくるかと思います。

 

 

 

③コンテンツを練る

やっぱりなんだかんだ言っても大事なのはコンテンツですよね。

ぶっ飛んだことがしたくなる僕ですが、主役は新郎新婦のふたり。

ここは気持ちを抑えてコンテンツを考えました。

 

ふたりの目線でコンテンツを考えるのはもちろんのこと、

会場がその場面でどのような雰囲気になっているのか想像すると、

コンテンツは考えやすいです。

当日もスムーズに進行できます。

 

この結婚式二次会のコンテンツは、

 

(1) ケーキカット&スコップバイト

 本人達こだわり!笑

 

(2)サプライズムービー上映

 定番ですね。新婦サイドの幹事で準備してくれました。

 

(3)ビンゴ

 時間をコントロールして進めたかったので、少し工夫を。

あらかじめ幹事で準備した『答えが数字になる新郎新婦への質問』をふたりにします。その答えがビンゴの穴を開けることのできる数字です。「プロポーズの日付」や「何回目のデートでキスしたか」などの質問で会場も盛り上がります。

ビンゴが出たらどの景品になるかクジを引いてもらいました。

 

(4)合唱

 ???と感じる人もいるかもしれませんが、これは新郎新婦へ向けたゲスト全員からのプレゼントです。

会場は二階の小部屋があり、その部屋から会場全体を見渡すことができます。

まずはその小部屋にふたりを誘導。

そして受付で配布しておいたサイリウムを持ってスタンバイ。

会場の照明を落として、小部屋の窓を開けると、、、

そこはサイリウムで色とりどりに輝く会場。

 

そして、

プロポーズのときに旅館で図らずも流れていた思い出の曲、 

サザエさん

をふたりに合唱のプレゼント。

 

オープニング

サザエさん

サザエさん

  • 宇野ゆうこ
  • ポップ
  • ¥250

 

 エンディング(実はアニメの歌詞は2番と3番の歌詞を合わせたものです。要編集!)

サザエさん一家

サザエさん一家

  • 宇野ゆうこ
  • ポップ
  • ¥250

 

 

替え歌の歌詞カードも受付で配っておきました。

 

笑いと笑顔で満たされた会場は、

ふたりにとって良い思い出となったかなと思います。

 

 

 

コンテンツはこの程度でしたが、

それでも時間はギリギリ。

やっぱり山の中セルフでの結婚式とは違いますね。。。

 

 

 

当日の運営〜感想

 

当日の運営は、

僕ともう一人の感じで司会をして、

なんとかタイムテーブル通りに進行できて無事に成功することができました。

 

当日、

受付で会費のやり取りを担当してくれた友だちや、

音楽を流す担当をしてくれた友だち、

リストバンドを付ける担当の友だち、

入り口でチェックする担当の友だち、

クロークで荷物整理する担当の友だち、

などなど皆に助けてもらったおかげです。

 

 

 

というわけで、

 

こんな感じで結婚式二次会のプロディースを完遂しました。

 

 打ち上げに焼肉を奢ってくれるそうです。笑

 

今から友だちに結婚式二次会の幹事をお願いしようと思っているアナタ!

要望はある程度伝えてあげたほうが幹事は楽です!!笑

 

 

wedding-fes.hatenablog.com